AEFAと協定書の取り交わしを行いました

いつも私たちの活動を応援してくださるみなさま、ありがとうございます。

本日は大切なご報告があります。

私たちの部は「熱中小学校江丹別分校」の部活動として昨年9月に発足し、10月より活動を開始しました。

皆様のご協力もあり、チャリティーグッツの販売やイベントの開催、直接の寄付などで順調に資金が集まってきており、この度支援をする学校が決定したため、東京のAEFA事務所にて先日協定書の取り交わしを行いました。

(AEFAについてや、協力に至った経緯などについてはコチラをご覧ください)

今回私たちが資金を提供させて頂くのは、ベトナム・バクザン省タンイェン郡ゴックティエン社にあるクーモ分校という田舎の小さな小学校の分校です。

現在この学校には教室が2つしかないため、1・2年生しか利用できず、3年生になると徒歩で2時間かかる本校に通わなければならないため、子供たちが大変に不便しているそうです。

ここを取り壊し、新たに5教室を作ります。その教室の建設費と、浄化槽の建設費の全額を私たちが負担することになりました。

今から着手すれば新学期が始まる9月に間に合う予定です。

まだ必要な金額に達していないため、今後もチャリティー活動は継続していきますが、無事に調印が完了しましたことを皆様にご報告させていただきます。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。